2017年04月01日

[報告]平成28年度市民提案協働事業「こけーら記憶遺産発掘隊」

入間市の戦後におけるジョンソン基地時代の基地内(On Base)および基地外(Off Base)に存在していた「米軍ハウス」に着目して、現時点で発掘できる資料の収集およびそれをまとめ、「入間の歴史的記憶遺産として記録化」することを目的に、平成28年度市民提案協働事業「こけーら記憶遺産発掘隊」を入間市博物館との協働事業として行いました。
 2016-kyoudou-001.jpg 戦後70年を超え、関係者も高齢化しています。当時の資料の掘り起こしには、基地周辺の東町、豊岡の市民の協力を求め、また航空自衛隊入間基地の協力も得ながらの実施となりました。
 写真や印刷などの記録、ヒアリングによる聞き取りなど、現段階で収集できた範囲でのまとめとして「あのころ入間にはアメリカがあった」を作成しました。
 今後も資料収集は継続し、内容の充実を目指していく予定です。
 引き続き、皆様からの情報や資料のご提供もお願いいたします。「あのころ入間にはアメリカがあった」をお送りいたします。
平成28年度市民提案協働事業「こけーら記憶遺産発掘隊」実施報告(pdf)
 
告知情報: 
 【公開ミニ講座】ジョンソン基地時代の米軍ハウスについて …10/18
 【協働事業報告会】“あのころ”入間にはアメリカがあった …2/28
posted by 文化遺産をいかす会 at 00:00 | Comment(0) | 協働事業2016の報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする