2012年05月02日

入間市の文化遺産をいかす会について

「入間市の文化遺産をいかす会」は、埼玉県入間市に残る文化遺産に興味関心のある有志を中心に2011年3月に発足しました。

埼玉県の南西部に位置する入間市は、北に入間川と加治丘陵、南に狭山丘陵に囲まれ、茶畑が広がる緑豊かな住宅地です。歴史的には狭山茶はその主産地として現在にも引き継がれ、かつては石川組製糸(生糸)や平仙レースなどの繊維産業で知られてきました。
市域には航空自衛隊入間基地がありますが、戦後米国による統治時代にはジョンソン基地として米国軍人たちの生活や異国文化が身近に存在していたこともありました。

明治、大正、昭和、平成と時代の変遷とともに、残念ながら市内から消えていったものは多くありますが、一方で今なお使い続けられ、あるいは住み続けられている地域の文化遺産とも言えるものも残っています。
私たちは、入間市内に残るそれらの文化遺産を掘り起し、調べ、知ることによって、その価値が現代にあっても色褪せることなく、次代に受け継いでいけるよう活動していこうと考えています。

会の活動はこのホームページや会報などで発表し、まち歩きや講演会、展示会などを通じて、多くの市民や団体の皆さんとともに入間市の文化遺産をいかしていくことへの意識を共有したいと考えています。
現在は、豊岡地区の黒須周辺地域やそこに残る建築群を主な対象とした活動を行なっており、2012年度には、入間市市民提案型協働事業を採択し、「こけーらマップ黒須」など形に残る成果も上げつつあります。
活動はまだ始まったばかりです。多くの皆さんの参加をお待ちしています。
なお、当会の会員は随時募集していますのでメールにてお問い合わせください。

posted by 文化遺産をいかす会 at 01:17 | Comment(0) | いかす会について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月01日

お問合せ

入間市の文化遺産をいかす会の月1回の定例活動は、石川洋行さんの楽蔵(繭蔵として建てられた3階建て土蔵)の部屋をお借りして行なっています。
講演会やまち歩きなどのイベント企画やその実施などを通じて、黒須地区を中心とした周辺を含めた文化遺産の発見、掘り起こしを行なっています。
ss-2012_0626_ 079.jpg

地域を掘り起こしていくと先人の生活が見えてきますが、テーマにも様々な切り口があり、それらを積み上げているのが現代の段階です。

・当会へのお問合せ
・入会の希望・・・会則をご一読ください
など、メールにてお願いいたします。

返信には時間を要する場合もありますのでご容赦ください。
 

 住所: 〒 358-0007
  入間市黒須1−10−31 石川洋行内
 FAX: 04-2962-3424
 Eメール: iruma_ikasukai@yahoo.co.jp
  
posted by 文化遺産をいかす会 at 13:22 | Comment(0) | いかす会について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月30日

入間市の文化遺産をいかす会会則

(名称)
第1条  この会は、入間市の文化遺産をいかす会と称する。

(目的)
第2条   この会は、入間市を中心とした文化遺産関係者、諸団体との連絡をはかりながら後世に向けていかすことを目的とする。

 (事業)
第3条    この会は前条の目的を達成するため、次の諸事業を行う。            
 (1)  文化遺産についての調査研究
 (2)  文化遺産への理解を広めていく事業
 (3)  文化遺産をいかしていくための事業
 (4)  その他、必要な事業

(会員)         
第4条    この会の目的を理解し、入会を希望する者を会員・賛助会員とする。会員はこの会の事業に参加することができる。
2 年会費は会員にあっては1人1000円、賛助会員にあっては1口1000円とし、前納することとする。
3 会員は自らの意志で退会することができる。年度途中からの退会者への会費の返金は行わない。
4 総会の日より会費の納入が無いまま6カ月を経過した者は、その会員資格を失う。

(役員)
第5条    この会には、次の役員をおく。
 (1) 会長       1名  
 (2) 副会長            2名
 (3) 幹事            若干名
 (4) 会計        2名
 (5) 理事             若干名
 (6) 監事              2名

 (役員の任務)
第6条    役員の任務は、次ぎのとおりとする。
 (1) 会長は、会務を総理し、各種会議を招集するとともに、この会を代表する。
 (2) 副会長は、会長を補佐し、会長に事故あるときはその職務を代理する。
 (3)幹事は、会務にかかわり、この会の運営にあたり、必要な案件を審議検討する。
 (4)会計は、この会の経理にあたる。
 (5) 理事は、役員会に参加し、この会の運営にあたる。
 (6) 監事はこの会の会計の監査にあたる。 

  (役員の任期)
第7条    役員の任期は2年とする。ただし、再任を妨げない。
2 役員に欠員が生じた場合、役員会において推薦補充する。ただし、任期は前任者の残任期間とする。 

 (総会)
第8条     総会は会員をもって構成する。
2  総会は年1回、会長が召集する。ただし、必要に応じて臨時総会を開催することができる。 
3  総会の決議は出席者の過半数の同意を必要とする。可否同数の場合は、会長がこれを決める。 

 (役員会)
第9条     役員会は、総会につぐ議決機関で必要に応じて開く。              
2  この会の役員をもって構成し会長が召集する。
3  役員会で必要と認めるときは、役員以外の関係者の出席を要請し、役員会に参加できるものとする。ただし、議決権はない。
    4  役員会の決議は、出席者の過半数の同意を必要とする。可否同数の場合は、会長がこれを決める。 

 (部会の設置・活動)
第10条   役員会は、その合議において、この会の活動を円滑に推進するために必要とする部会を設置することができる。各部会の活動にあっては部会のリーダーが責任をもって部会メンバーとともにその活動を実施する。ただし、部会リーダーは役員会開催時および随時役員に対して、その活動の進捗状況等を報告し、会全体の活動方向と齟齬を来さないように配慮する。

 (経費)
第11条   この会の経費は、会費、寄付金その他の収入をもってこれに充てる。

 (会計年度)
第12条  会計年度は、毎年3月1日に始まり、2月末日をもって終わる。3月1日から総会の開催までの間の支出行為は次年度予算の中から会長の責任において暫定的に行う。 

  (事務局)
第13条   この会の事務局は会長宅に置く。
      また、事務所を入間市黒須1−10−31石川洋行内に置く。  

  (会則の改正)
第14条   この会の会則の改正は、総会の承認によって行われる。

 (雑則)
第15条   この会則に定めるもののほか、必要な事項は、会長が役員会と協議して別に定める。

 附則
この会則は、平成23年6月29日から施行する。
  附則2
この会則は、平成25年4月6日から施行する。
posted by 文化遺産をいかす会 at 10:33 | Comment(0) | いかす会について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする