2014年09月27日

愛宕神社の骨董市・・・プレイベント・「骨董市の楽しみ方」

  2014.9.27(土)10:00〜
ss-2014_0927_0028.jpg

愛宕神社境内で毎月骨董市が開かれているのをご存知でしょうか。
当会ではこの秋に扇町屋のウオーキングを計画していますが、そのプレイベントとしてこの骨董市の様子を探ってみました。

月例の扇町屋愛宕神社骨董市が土曜日と重なった9月27日、午前10時より「プロが教える骨董市の楽しみ方」と題した体験型の講座です。 

 ss-2014_0927_0027.jpg
ss-2014_0927_0039.jpg
ss-2014_0927_0004.jpgss-2014_0927_0007.jpg
ss-2014_0927_0005.jpgss-2014_0927_0006.jpg
ss-2014_0927_0072.jpg骨董市会場の中央ベンチ周辺で始まりました。
参加者は約20〜30名。「〜」というのは、常に人の流れがある骨董市会場のため。カウボーイ風のオシャレなハット姿の講師・井上裕之氏の熱弁に立ち止まって聞き入る人もいるためです。

講師のお話は、リユース品,ビンテージ品,アンティークの違いから上手な買い方、買った後の楽しみ方などご自分の経験や実物を提示して大変に分かりやすい。
「実際、これは○○○円で買ったんですよ」とイタリア製の帽子を示されて、あまりの“お買い得”感に聴衆からはため息ももれました。
講演の後は講師を先頭に境内の各店舗(出店屋台)を巡り、各店の特色や着目すべき点等を教わりました。 
ss-2014_0927_0063.jpgss-2014_0927_0064.jpg
ss-2014_0927_0061.jpgss-2014_0927_0067.jpg
ss-2014_1020i_0020.jpg 神社境内の下には志茂町屋台庫があります。
今回特別に祭典委員長の田口誠治氏に見せていただくことができました。
さらに、自作の木彫作品までいただいて参加者は予定外のことにホクホク顔でした。

秋にもこの屋台は見せていただくことになっています。
ss-2014_0927_0049.jpgss-2014_0927_0050.jpg
posted by 文化遺産をいかす会 at 21:00 | Comment(0) | 協働事業2014の報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: