2013年10月09日

修武台記念館で資料収集および見学

いかす会では、すでにご案内のように12月15日に行なう事業に向けて、ジョンソン基地時代の米軍ハウスや当時の様子を知ることのできる写真等の資料を探しています。 
ss-2013_1009_0042.jpg航空歴史資料館「修武台記念館」が昨年春に、当時のシルエットを模した形で建替えられています。
この施設は、事前申し込みをすれば見学が可能です。基地内には11/3の航空祭には入ることができますが、それ以外で一般に入る機会はあまりないのではないでしょうか。
今回は、12月の企画の資料のリサーチ、および今後のいかす会の見学企画のためのリサーチなどを含め、ジョンソン基地時代や現在の基地の様子を知る機会としました。ss-2013_1009_0031.jpg記念館1階のエントランスホールには、昭和19年当時のジオラマがあります。これは撮影OKをいただきました。
手前の道路の交差点が東町の交差点となります。その手前に米軍ハウスのエリア(現在のジョンソンタウン)が位置します。このときはまだ日本の将校の住宅でしたから、ハウスではありませんが。
ss-2013_1009_0005.jpg
保管庫も撮影はOKで、日本で始めて動力飛行したというアンリフォルマン機やF-1戦闘機の展示を見学しました。
ss-2013_1009_0037.jpg 
本日は、昼食(390円)付きです。
600名以上も入る食堂で、隊員の皆さんと同じ食事をいただき見学は終了です。
ss-2013_1009_0038.jpg
ss-2013_1009_0039.jpg

ss-2013_1009_0045.jpg基地を後にし、近くの稲荷山公園のレストランニックスさんへ。
創始者荒井一雄氏はジョンソン基地の将校クラブのマネージャーとして基地で勤務された後、昭和35年にレストランを開業されています。
ss-2013_1009_0049.jpg
現在も店内には、当時を偲ばせる貴重な写真が展示されていています。
12月の企画のご案内と資料提供をお願いに伺いました。
posted by 文化遺産をいかす会 at 17:51 | Comment(0) | 協働事業2013の報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: