2011年06月17日

第一回入間市の文化遺産ウォーク(4) 石川洋行・楽蔵

前回に引き続き6月11日の「第一回入間市の文化遺産ウォーク」の様子を。今回が最終回です。

1308240477.jpg新道の家を後にした一行は、終着地である石川洋行に到着しました。

 ここ、民間車検場・石川洋行の事務所および住まいは、元々は石川組製糸の本店工場の事務所棟として建てられました。
正確な建築年代は分かっていませんが、石川組創業の1893(明治26)年前後に建設されたと思われます。
本店工場は現在の住宅公団入間黒須団地に位置し、石川製糸が廃業した後、現在地まで曳家したと伝えられています。
木造2階建てで、床の間がある部屋が4つもあります。事務所として建てられたことが関係しているようです。
1308241198.jpg今回は特別に事務所の一室も見学させていただきました。

またご厚意で古い写真や台帳といった貴重な資料も拝見させていただくことができました。 
1308241275.jpg 
1308241331.jpg 石川洋行の敷地内には、3階建ての土蔵も現存しています。

この土蔵も、石川組製糸が生産した生糸を保管するために建てられました。大正時代のものと推測されています。
1308241497.jpg 現在は、「楽蔵」の愛称のもと、イベントスペースとして、コンサートや展覧会、結婚式会場などに幅広く利用されています。
当会の会議でもお借りしております。
訪問時には、内部には芸術作品が展示されていました。
1308241543.jpg終着地ということで、参加者の皆さんは蔵の内部でお茶菓子を片手に休憩中です。

当日は直前まで雨が降るのではとヒヤヒヤさせられましたが、終了する頃には太陽も出てきました。

今回の文化遺産ウォーク、ご参加頂きありがとうございました。
また各建物の所有者・関係者の皆さん、見学を快諾していただき深く感謝します。
第二回、三回と続けていくことを目標にがんばりますので、今回参加できなかった方も次回はぜひ!
posted by 文化遺産をいかす会 at 12:40 | Comment(0) | 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: