2011年05月10日

講演会「建築家ヴォーリズと武蔵豊岡教会」報告(1)

当会主催の講演会「愛と恵みの建築 建築家ヴォーリズと武蔵豊岡教会」から早くも2日が経とうとしています。
まだ講演会の興奮が冷めぬうちに、この度の講演会の報告記事を数度に分けて投稿します!
第一回は準備編ということで、講演会が始まる前の午前中の様子をアップします。
middle_1304955284.jpg会場となった黒須公民館入口

入口には書道の先生に書いて頂いた大きな看板を取り付けました!
middle_1304955396.jpgこちらは大会議室の演台の上に取り付けた今回の演題です。

設置する際は脚立に上がって取り付けましたが、結構怖かったです(;^ω^)
middle_1304955574.jpgその演題の下では、山形先生の講演で使うプロジェクターの試運転を行っているようです。

このスライドは豊岡教会の図面でしょうか?! 
middle_1304955668.jpgやがて大会議室にはイスがずらりと並びます。講演会の様子を記録するビデオカメラもスタンバイしています!

今思えばこのがらんとした会場はまさに"嵐の前の静けさ"でした…(笑)
middle_1304955775.jpg会場後方には豊岡教会の開設から88年前の現教会堂献堂式を経て現在までの写真を展示しました。
middle_1304955884.jpgこちらはお客様をお迎えする受付。
山形先生・内田先生も執筆いただいたプログラムや西武鉄道様にご提供頂いたウォーキングマップ「のんびり散歩」などをお配りしました。

背後の控え室では会員の皆さんが談笑しながら早めの昼食を摂っているようです…。

というわけで、今回は比較的のんびりとした空気が流れた(?)午前の準備作業の様子でした。
次回は講演会の様子をお送りします!


posted by 文化遺産をいかす会 at 19:18 | Comment(0) | 講演会「ヴォーリズと武蔵豊岡教会」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。