2011年04月29日

都内のヴォーリズ建築3題

今日、会員数名で都内にのこるヴォーリズ建築を見学してきました。
◆明治学院礼拝堂
middle_1304079783.jpg

middle_1304079680.jpg


1916(大正5)年の作品です。煉瓦造2階建て。港区白金台にあり、港区の指定文化財の一つです。









煉瓦造りが印象的でした。どことなく豊岡教会に似ているような気がしました。
◆山の上ホテルmiddle_1304079937.jpg

1937(昭和12)年の作品で、千代田区神田駿河台にあります。元々は「佐藤新興生活館」として建てられましたが、戦後はホテルとなりました。
 
◆東芝山口記念会館
middle_1304080097.jpg


 1926(大正15)年の作品。港区高輪にあり、三井財閥で活躍した朝吹常吉の邸宅として建てられました。
通常は非公開ということで、写真は公道から撮りました(;^ω^)

ブログ管理者の個人的な感想です。
教会・ビル・住宅と、3つの異なるタイプのヴォーリズ建築を見ることができてとても良かったと思いました。
【文化遺産見学記の最新記事】
posted by 文化遺産をいかす会 at 17:15 | Comment(0) | 文化遺産見学記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: