2014年11月15日

文化遺産ウォークin扇町屋2014・秋 【第2部】文化遺産めぐり

  2014年11月15日(土) 12:30〜15:30
ss-2014_1115_ 054.jpg

扇町屋通りの中央には、かつて馬車鉄道(中武馬車鉄道・1901年〜1917年)が通っていたことを午前中の講演会で紹介いただきました。

ss-2014_1115_ 042.jpg

ss-2014_1115_ 064.jpg

現在は、アイポットやサイオスなどの大型商業施設や通りから奥行きのある板状の高層のマンションも建つなど、大きく町の様子も変わっています。

しかし、明治、大正、昭和の初期のころからの建物もまだ残っています。かつての町の面影を部分的にでも探ることがまだまだできるのです。
昼食後、第2部は扇町屋に残る文化遺産をめぐりました。天気も朝から秋晴れの明るい澄んだ青空で、まち歩きの良き日和となりました。


文化遺産めぐりの案内人は、当会の会員でもある吉田茂雄氏(入間市文化財研究同好会)です。
「カフェatago」の道路向かい、愛宕神社の参道の鳥居をくぐって神社に向かいます。


神社の石階段上り口にある鳥居の左側には志茂町屋台が納められている倉庫があります。 

続きを読む
posted by 文化遺産をいかす会 at 23:31 | Comment(0) | 協働事業2014の報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

文化遺産ウォークin扇町屋2014・秋 【第1部】講演会「扇町屋昔日のにぎわい」

  2014年11月15日(土) 10:00〜15:30
ss-2014_1115i_ 044.jpg入間市の文化遺産をいかす会では、一昨年の黒須地区、昨年の米軍ハウスをテーマとして東町周辺地域にまつわる文化遺産を探ってきました。
今年は旧豊岡町の中心地域であった扇町屋にスポットを当てて、この地域に残る建物や施設を探っていくことも大きなテーマです。

そこで、扇町屋がどういった地域特性を持っていたのかなど歴史的背景を学習し、現在の様子を実際に見ながら、古くから現在にまで受け継がれてきたものが混在する扇町屋の様子を実際に見て回ろうという企画をたて、第1部講演会、第2部まち歩きを行ないました。 

ss-2014_1115i_ 024.jpg

 【第1部】
扇町屋通りから愛宕神社参道入り口となる鳥居前にはかつて警察署がありました。
現在は「カフェatago」として1階は喫茶、2階は趣味や講座のカルチャースクールが今年の5月から営まれています。
第1部の講演会はこの2階を会場として行ないました。


講演会「扇町屋昔日のにぎわい」
 工藤 宏氏
  (入間市博物館 学芸員)

ss-2014_1115i_ 016.jpg 

◆報告ビデオを見る◆
posted by 文化遺産をいかす会 at 22:16 | Comment(0) | 協働事業2014の報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする