2014年06月15日

第3回いるま環境フェアに参加しました

ss-2014_0615_0016.jpg
6月15日(日)入間市産業文化センターにおいて「第3回いるま環境フェア」が行われました。
いかす会では、築90年の武蔵豊岡教会の教会堂が間もなく耐震改修工事を終え完成に近づく様子の写真を含め、昨年5月にまるひろ百貨店にて行なった企画展のパネルなどの展示を行ないました。
古くからある建築物が新たに再生されランドマークとして地域の中で生き続けていくことは環境としてとても大切な視点と考えています。
ss-CIMG0517.jpg

ss-0615-02.jpg
 

この教会堂を設計した建築家W.M.ヴォーリズ氏の思想によって全国に建てられた教会堂や学校、病院、個人住宅、商業施設など、今でも愛され次世代への継承の動きのあるものが多数あります。

「環境」を念頭においての「住む」、「使う」、「育つ」などを大正期から提言し続けたヴォーリズ氏の建築思想を来場者の方に彼のメッセージや写真などの展示によって興味を持って頂けた事と思います。

posted by 文化遺産をいかす会 at 22:59 | Comment(0) | 協働事業2014の報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする