最近のお知らせ・関連情報
RSS表示パーツ
最近の報告記事・関連記事

2017年05月15日

平成29年度総会 於:楽蔵

 s-2017-0513-0008.jpg 平成29年度総会を5/13(土)、楽蔵にて開催しました。
議案はすべてご承認いただきました。
報告事項として、平成28年度市民提案型協働事業「こけーら記憶遺産発掘隊」の概要報告を行いました。
 出席の皆様には「あのころ入間にはアメリカがあった」を手渡しさせていただきました。欠席の皆様には郵送にてお届けの予定です。
また、今年度の主要事業である打木村治の小説「天の園」「大地の園」NHK朝ドラ化を進める活動についての概要説明を行いました。
 s-2017-0513-0001.jpg
 s-2017-0513-0018.jpg 当会の会員でもある代議士、県議、市議の皆さんの参加もあり懇親会も盛り上がりました。
posted by 文化遺産をいかす会 at 00:00 | Comment(0) | 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月01日

[報告]平成28年度市民提案協働事業「こけーら記憶遺産発掘隊」

入間市の戦後におけるジョンソン基地時代の基地内(On Base)および基地外(Off Base)に存在していた「米軍ハウス」に着目して、現時点で発掘できる資料の収集およびそれをまとめ、「入間の歴史的記憶遺産として記録化」することを目的に、平成28年度市民提案協働事業「こけーら記憶遺産発掘隊」を入間市博物館との協働事業として行いました。
 2016-kyoudou-001.jpg 戦後70年を超え、関係者も高齢化しています。当時の資料の掘り起こしには、基地周辺の東町、豊岡の市民の協力を求め、また航空自衛隊入間基地の協力も得ながらの実施となりました。
 写真や印刷などの記録、ヒアリングによる聞き取りなど、現段階で収集できた範囲でのまとめとして「あのころ入間にはアメリカがあった」を作成しました。
 今後も資料収集は継続し、内容の充実を目指していく予定です。
 引き続き、皆様からの情報や資料のご提供もお願いいたします。「あのころ入間にはアメリカがあった」をお送りいたします。
平成28年度市民提案協働事業「こけーら記憶遺産発掘隊」実施報告(pdf)
 
告知情報: 
 【公開ミニ講座】ジョンソン基地時代の米軍ハウスについて …10/18
 【協働事業報告会】“あのころ”入間にはアメリカがあった …2/28
posted by 文化遺産をいかす会 at 00:00 | Comment(0) | 協働事業2016の報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月30日

玉岡かおる講演会報告

ss-2016_0522_0076.jpg
 新茶の香り漂う風かおる5月22日の日曜日午後、建築家W.Mヴォーリズ設計の礼拝堂:日本キリスト教団武蔵豊岡教会堂にて、入間市制施行50周年記念に相応しいビッグイベントとして「ヴォーリズ満喜子&広岡浅子 日本の大地に芽吹いた人たちをたどる」をテーマに玉岡かおる氏の講演会が開催されました。
 これは入間市の文化遺産をいかす会と入間市男女共同参画推進センターとの共催により実現しました。
ss-2016_0522_0072.jpg
 大阪芸術大学教授・兵庫県教育委員で小説家の玉岡かおる氏が、関西から埼玉入間の地に初めて来てくださり、その講演を待ちに待った入間市民らによって会場は超満員、最初から最後までよどみなく、関西弁でユーモアあふれる玉岡氏トークに、皆聞き入り、あっという間の2時間でした。

  NHK朝ドラで大人気となったびっくりポンの「あさが来た」ヒロインモデル広岡浅子氏と娘婿の妹であった華族出身一柳満喜子、その満喜子の結婚相手がアメリカ人のW.M.ヴォーリズ氏、その二人の結婚を後押ししたのが広岡浅子氏という間柄を、当時の貴重な写真や資料をプロジェクターに投影しながら、玉岡氏は興味深く話してくださいました。そして浅子の言葉「負けんとき(負けないで頑張る)」の心意気もわかりやすく語ってくださいました。
ss-2016_0522_0114-02.jpg
 その飽きない語りに皆引き付けられ、参加者のほとんどが異口同音に満足したと述べていました。そのアンケート(130名余)の集計結果もでています。関心ある方はご覧ください。
 主催者側としても準備から約5か月間の努力がこのような結果で実り感謝です。
 特に共催の入間市はじめ、多方面から沢山の協賛支援・後援をいただき、そのお蔭で講演が実現となりました。その各位にこの場を借りて御礼を申し上げます。
 また、会場提供くださった武蔵豊岡教会の牧師先生はじめ役員教会員の方々のご協力に感謝申し上げます。
 ヴォーリズ氏作曲による讃美歌がオルガン演奏により、礼拝堂に流れ、麗しい姿の玉岡かおる氏登場も印象的でした。
 講演会の余韻にひたりながら、この講演会で培った負けんとき精神をいかして、今後もいきいき入間の活動に参加していく所存です。共に入間市の住みよい愛する街づくりを願いつつ。
ss-2016_0522_0172.jpg

入間市の文化遺産をいかす会 会長・会員一同
 (文責 青木和子) 

ss-2016_0522_0205.jpg

posted by 文化遺産をいかす会 at 00:00 | Comment(0) | 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月10日

平成27年度総会 於:楽蔵

 平成27年度総会を5/10(日)、楽蔵にて開催しました。
 議案はすべて承認いただきました。
 昨年度まで3年間、市民提案型協働事業が取り組みの中心となっており、会としてはさまざまな経験と成果を上げることができました。
 
 s-s-2015_0510i_0006.jpg
 その間に作成した資料等も良い記録となるものと思います。
 まだ未整理の資料等もあり、少し時間をかけながらまとめて、発表の機会に公開できればと思います。
s-s-2015_0510i_0005.jpg 
 s-s-2015_0510i_0054.jpg s-s-2015_0510i_0066.jpg
s-s-2015_0510i_0064.jpg当会の会員でもある代議士、新県議、市議の皆さんの参加もあり懇親会も盛り上がりました。
posted by 文化遺産をいかす会 at 11:24 | Comment(0) | 活動報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月13日

平成26年度入間市市民提案型協働事業まとめ

入間市の文化遺産をいかす会では、昨年度に引き続き市民提案の協働事業として「こけーら文化遺産発掘隊」の事業を継続実施しました。
@文化遺産解説電子版「こけーら文化遺産発掘隊」
A文化遺産ウォークin扇町屋2014・秋
B[企画展&講演会]生まれ変わった教会堂を見てみませんか?
大きな3事業を柱に関連事業及び自主事業を展開しました。
その告知と報告および関連情報を以下にまとめます。
ss-2014_1115_ 014.jpg
   告知報告関連
入間こけーら文化遺産発掘隊(β版)ver2  ic-002.jpg 
 第3回いるま環境フェア ミニ企画展 6/15  ic-002.jpg 
文化遺産ウォークin扇町屋2014・秋 11/15
 【第1部】講演会「扇町屋昔日のにぎわい」
 【第2部】文化遺産めぐり
ic-001.jpgic-002.jpg
ic-002.jpg
 
 プレイベント・「骨董市の楽しみ方」9/27ic-001.jpg ic-002.jpg 
[企画展&講演会]生まれ変わった教会堂を見てみませんか? 3/7ic-001.jpg ic-002.jpg ic-003.jpg
・平成27年3月19日報告会提出の報告書(pdf)   ic-002.jpg 
「◇」は関連事業として実施

◆入間市ホームページ
・入間市ホームページ内での事業報告(市作成)  →コチラ  
・平成26年度市民提案型協働事業 〜市民の力で入間をもっと元気に〜→コチラ
posted by 文化遺産をいかす会 at 22:08 | Comment(0) | 協働事業2014の報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月12日

[企画展&講演会]生まれ変わった教会堂を見てみませんか?

  2015.03.07  10:00〜16:30  於:武蔵豊岡教会 
ss-2015_0307-2_ 022.jpg

 武蔵豊岡教会の教会堂は、国道16号線の拡幅と区画整理事業との関係で移築し、耐震補強工事と増築工事を2014年9月に完了しています。この工事に取り掛かる前の2013年5月に丸広百貨店で開催した「ヴォーリズと武蔵豊岡教会展」では黒須地区の文化遺産として古い写真や資料を収集し展示しました。
 工事が完了し地域の文化遺産として受け継がれた教会堂で、昨年の企画の第二弾と位置付け、その歴史を振り返る企画展と講演会、合わせて見学会を行ないました。
 移設工事は、曳家を行なうなど特殊な工事も行なわれ、その工事経過なども観察する機会も得られました。築90年を経た大型木造である教会堂のこの移設後の耐震改修増築工事により外観上の装いは変化しましたが、礼拝堂内部は既存の状態で保存再生されています。
続きを読む
posted by 文化遺産をいかす会 at 22:42 | Comment(0) | 協働事業2014の報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月15日

文化遺産ウォークin扇町屋2014・秋 【第2部】文化遺産めぐり

  2014年11月15日(土) 12:30〜15:30
ss-2014_1115_ 054.jpg

扇町屋通りの中央には、かつて馬車鉄道(中武馬車鉄道・1901年〜1917年)が通っていたことを午前中の講演会で紹介いただきました。

ss-2014_1115_ 042.jpg

ss-2014_1115_ 064.jpg

現在は、アイポットやサイオスなどの大型商業施設や通りから奥行きのある板状の高層のマンションも建つなど、大きく町の様子も変わっています。

しかし、明治、大正、昭和の初期のころからの建物もまだ残っています。かつての町の面影を部分的にでも探ることがまだまだできるのです。
昼食後、第2部は扇町屋に残る文化遺産をめぐりました。天気も朝から秋晴れの明るい澄んだ青空で、まち歩きの良き日和となりました。


文化遺産めぐりの案内人は、当会の会員でもある吉田茂雄氏(入間市文化財研究同好会)です。
「カフェatago」の道路向かい、愛宕神社の参道の鳥居をくぐって神社に向かいます。


神社の石階段上り口にある鳥居の左側には志茂町屋台が納められている倉庫があります。 

続きを読む
posted by 文化遺産をいかす会 at 23:31 | Comment(0) | 協働事業2014の報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

文化遺産ウォークin扇町屋2014・秋 【第1部】講演会「扇町屋昔日のにぎわい」

  2014年11月15日(土) 10:00〜15:30
ss-2014_1115i_ 044.jpg入間市の文化遺産をいかす会では、一昨年の黒須地区、昨年の米軍ハウスをテーマとして東町周辺地域にまつわる文化遺産を探ってきました。
今年は旧豊岡町の中心地域であった扇町屋にスポットを当てて、この地域に残る建物や施設を探っていくことも大きなテーマです。

そこで、扇町屋がどういった地域特性を持っていたのかなど歴史的背景を学習し、現在の様子を実際に見ながら、古くから現在にまで受け継がれてきたものが混在する扇町屋の様子を実際に見て回ろうという企画をたて、第1部講演会、第2部まち歩きを行ないました。 

ss-2014_1115i_ 024.jpg

 【第1部】
扇町屋通りから愛宕神社参道入り口となる鳥居前にはかつて警察署がありました。
現在は「カフェatago」として1階は喫茶、2階は趣味や講座のカルチャースクールが今年の5月から営まれています。
第1部の講演会はこの2階を会場として行ないました。


講演会「扇町屋昔日のにぎわい」
 工藤 宏氏
  (入間市博物館 学芸員)

ss-2014_1115i_ 016.jpg 

◆報告ビデオを見る◆
posted by 文化遺産をいかす会 at 22:16 | Comment(0) | 協働事業2014の報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月27日

愛宕神社の骨董市・・・プレイベント・「骨董市の楽しみ方」

  2014.9.27(土)10:00〜
ss-2014_0927_0028.jpg

愛宕神社境内で毎月骨董市が開かれているのをご存知でしょうか。
当会ではこの秋に扇町屋のウオーキングを計画していますが、そのプレイベントとしてこの骨董市の様子を探ってみました。

月例の扇町屋愛宕神社骨董市が土曜日と重なった9月27日、午前10時より「プロが教える骨董市の楽しみ方」と題した体験型の講座です。 

 ss-2014_0927_0027.jpg
続きを読む
posted by 文化遺産をいかす会 at 21:00 | Comment(0) | 協働事業2014の報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月15日

第3回いるま環境フェアに参加しました

ss-2014_0615_0016.jpg
6月15日(日)入間市産業文化センターにおいて「第3回いるま環境フェア」が行われました。
いかす会では、築90年の武蔵豊岡教会の教会堂が間もなく耐震改修工事を終え完成に近づく様子の写真を含め、昨年5月にまるひろ百貨店にて行なった企画展のパネルなどの展示を行ないました。
古くからある建築物が新たに再生されランドマークとして地域の中で生き続けていくことは環境としてとても大切な視点と考えています。
ss-CIMG0517.jpg

ss-0615-02.jpg
 

この教会堂を設計した建築家W.M.ヴォーリズ氏の思想によって全国に建てられた教会堂や学校、病院、個人住宅、商業施設など、今でも愛され次世代への継承の動きのあるものが多数あります。

「環境」を念頭においての「住む」、「使う」、「育つ」などを大正期から提言し続けたヴォーリズ氏の建築思想を来場者の方に彼のメッセージや写真などの展示によって興味を持って頂けた事と思います。

posted by 文化遺産をいかす会 at 22:59 | Comment(0) | 協働事業2014の報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする